釣りやダイビング、海水浴など海にまつわるエピソードを伺いました。

三宅 健太さん(浅倉 周二役 以下三宅さん):釣はやらないんですけど、2〜3年前に初めてグアムに行ったとき、体験スキューバをやりました。
鳥海 浩輔さん(菅原 志岐役 以下鳥海さん):ほぉ、どうでした?
三宅さん: …怖かったぁ。
鳥海さん: そっち?(笑)。でも綺麗だったでしょ?
三宅さん:

ええ、綺麗でしたよ。お魚さんも泳いでて、海は透明で。

僕は、子供の頃は沖縄に住んでいたこともあり、シュノーケリングは何度かやったことがあるんですけど、その頃から体が沈まないんですよ。

鳥海さん: 浮いちゃうの?
三宅さん: そう、浮いちゃうんですよ。胸が空気を取り込みやすいのか、わかんないですけど、子供の時は潜水できない子でした。
それで、ま、せっかくグアムに来たんで、じゃあやってみようって海にドボンと入ったら、みんなはどんどん沈んでいくのに、僕だけなんか浮いてて。そしたら、まさにむくつけき男の人が、アメリカ人のインストラクターの方だったんですが、僕をガバっと掴んで、重しをバンバンつけたんですよ。そしたらブクブクブクブクと今度は『沈むー』ってなってね。付けすぎちゃったんですよ、重し(笑)。ゴーグルには水が入ってくるし、もうパニックを起こしちゃって『ぅわーっっ』となってですね、そのむくつけき男の胸板に『助けてーーっ』と。
その時、悟りました、「−僕にはむいてない−」って。
鳥海さん: (笑)
三宅さん: だからスキューバとか潜水とか聞くと、今でもあのインストラクターの胸板が脳裏に…。
ちょっと軽いトラウマになりました(笑)。
鳥海さん: 僕は泳げないし、肌が弱くて日焼けもできないので…。
高校の頃はまだ日焼けくらいはできたんで、仲間と海に行ったりしてたんですよ。
その時にね、なんか海で溺れかけたんですよね(笑)。
みんなで岩場から飛び込んだりしてたんですが、胸くらいのところまでだったのが、夕方になっても『行けるっしょーっ!』て飛び込んだら、『あれっ!?』ってくらい潮が満ちてて。 よくある話ですけど、溺れかけて『助けろーっ』って叫んでるのに、仲間はみんな笑ってる訳ですよね、わざとやってるんだろうって。でもあまりにも僕が真剣だったので、助けてもらったとかはあります(笑)
夏の海とかでも、夜に行くのはいいですよね、海岸とか。ほんと吸い込まれそうになりますからね、綺麗で。危ないですから、あまり一人で行かないほうがいいですけど(笑)。
三宅さん: 海水浴は楽しいですよ、僕。
鳥海さん: 泳ぐの?
三宅さん: はい、普通に泳ぐのはいいんですけど、潜るのだけがどうしてもダメで…。
鳥海さん: 交換したいな、俺と。
三宅さん: え?
鳥海さん: 俺はほら、沈んでいくからさ(笑)。
三宅さん: あぁ(笑)。
鳥海さん: 泳げたらどんなにいいことか!
三宅さん: 僕はスイミングスクールにも通ってたので、泳ぎは大丈夫なんですよね。ただ沈まないという、この問題だけが。
鳥海さん: 僕はただ沈むという(笑)。
三宅さん: (笑)
鳥海さん: (手で)掻いても掻いても下に進んででいくから。
三宅さん: それきっと筋肉密度が高いんですよ。
鳥海さん: そうかなぁ。うん、まぁ基本的に泳ぎに行くことはないですね。
三宅さん: そうですねぇ、鳥さんと海ってあんまり……
鳥海さん: 合わないでしょ?
三宅さん: たしかに直結しないような…(笑)。
鳥海さん: 俺は海に行っても長袖着てますから(笑)。
三宅さん: (笑)

ファンの皆様へ一言お願いします。

三宅さん: 嵐の海のシーンはヘッドフォンでよーく聴いていただきたいです。
今回は脇を固めているそれぞれのキャラクター達が、いい意味で面白くて(笑)。そんな空気の中、台本通りに忠実に演っている我々をぜひ聴いていただきたいなと思います。
鳥海さん: 海に生きる男たちの熱き生き様をですね…このCDを通して感じていただければなと思います。
本当に楽しくて、ぐっとくる話になってますので、その辺すべて堪能してもらえればと思います。ぜひぜひ聴いてください。
■青山 穣さん(犬山漁労長役)
収録現場が予想以上になごやかな雰囲気で、楽しく明るく演ずることが出来ました。CDを通してそれも伝わればうれしく思います。
個性的な人達を率いる漁労長というイメージをつかまえるのに苦労しましたが、戦争ものの軍曹の感覚で演じてみようと閃いた途端、少し楽になれたような気がします。
この作品は必ずやPART2が出来ると思いますので、その時はまたよろしくお願いします。
ありがとうございました!
■岡崎 雅紘さん(岡本機関長役)
はぁエロスと漁業ふぁドッキング〜(中略)ばい〜ん。
■金光 宣明さん(森松一等航海士役)
BLCDの現場でこんなに笑ったのは初めてですね。
みなさん個性の塊で面白かったぁ〜。ぼくはほとんど普段のまんまでしたが…。
とにかく、ホントーーーに楽しかったぁ!!
■佐々木 啓夫さん(浜やん役)
収録中に吹き出しそうになる事が何度もあったくらい楽しく、面白い現場でした。
僕の地元ではイルカ料理があるんですが、シャチも食べるとしたら同じ感じになるんですかね?いや、クジラと近いのかな…?
とりあえず今夜のおかずはマグロで決定です(w)
■佐藤 晴男さん(下田冷凍長役)
BL…舞台はマグロ漁船・・・収録は男ばっか(笑)
行き着くところまで行った感が最高!楽しい現場でした。
方言は難しいっちゃね〜♪
第二弾も楽しみです?(笑)
■間宮 康弘さん(剛三役)
なんとも“濃ゆい”楽しいマグロ漁船に乗船できて楽しかったです。
笑いをこらえるのが大変でした。
オカマちゃんの剛三とお兄ちゃんの2役を演じさせて頂いたので、そのあたりもちょっと楽しんでもらえたら、うれしいです。
ありがとうございました。

前列左から、鳥海さん、三宅さん。後列左から、金光さん、佐々木さん、佐藤さん、間宮さん、青山さん。